最強の収納はDIYで!ラブリコの収納パーツで本棚を自作したらめちゃくちゃ使いやすかった話。

Pocket

どうも、まさのりです。

 

今回、彼女の希望で部屋にディアウォールをたてようということに

なりました。

 

実際に作ってみると、めちゃくちゃ最強の収納だと思ったので

ご紹介します!

 

 

収納をDIYしたら、最強の収納ができた

 

 

ディアウォールとはなんのなのか。

 

僕が作ったのはこんなかんじです。

 

正確にはディアウォールとは違うのですが

この柱を立てることによって、壁に穴をあけることなく

部屋をカスタマイズできるというシロモノです。

 

僕は今回は、本棚にする目的で作りました

実際に作って並べてみると、収納力が桁違いでした。

 

 

柱をたてて、その側面に高さを変えられる棚受けをつけ

高さを自由に変えられる本棚になりました。

 

 

最強の収納をDIY、費用は2万円でした!

 

必要なパーツはこちら

 

・ツーバイフォー材(木材) 2本以上

大元の柱となる木材です。

天井までの高さから90mmだけ引いた長さのものを

立てたい柱の本数だけ準備します。

 

 

・ラブリコ 2×4アジャスター 2つ以上

立てる柱の両端につけるものです。

ネジとバネで固定するのでしっかり固定されます。

柱の本数分だけ必要です。

 

 

・棚受けのレールと突起

本棚の棚の部分を置くためのものです。

レールは柱の本数×2本

突起は作りたい棚の数×4つ 必要です。

 

ちなみに、

  • レール
  • レール用ネジ
  • 突起

はそれぞれ別々に注文しました。

 

 

 

 

・棚板

本を乗っけるための板。

作りたい棚の数だけ必要です。

 

 

 

以上です。

 

僕の場合は柱4本、棚を6段作っても費用は2万円程度でした。

 

 

収納をDIYしたから、壁掛けディスプレイもらくらく追加できた

 

ではここでもう一度、僕の自作本棚をごらんください。

 

 

 

そう、実は追加で壁掛けディスプレイを

DIY収納に取り付けています。

 

こちらは壁に取り付けるタイプのディスプレイアームを

つけただけですけど、めちゃくちゃ便利です。

 

たとえば

  • 彼女と一緒にアニメを見るとき
  • ウェブサイトをみせたいとき
  • 作業中にアニメを流しておきたいとき
  • 家事の最中にチラ見するとき

 

なんかに使ってます。

USB-Cで繋いでいるのでケーブルもかさばりません。最強です。

 

ディスプレイアームはこちら

 

つけてるディスプレイはこちら

 

 

 

DIY収納を作ってみて気づいたメリット

 

・収納力が本棚の比じゃない

普通の本棚は全体を木で囲ってあるものが多いと思います。

そういう本棚では、本棚自身が空間を占領してしまって

圧迫感があるのに、収納力は決まってしまっています。

 

収納をDIYすることで、本棚よりスペースを有効活用できるうえ

棚も自由に増やせるので

いわば空間リソースのコスパがいいというわけです。

 

・収納に統一感がでる

棚全体が木材なので

意外とどんなものを置いていても

統一感がでます

 

統一感があると、部屋がシンプルに見えるので

とても効果的です。

 

・新築の気分になる

僕が今回作ったDIY収納は、塗装などのされてない

そのままの木材で作ったので、新築に引っ越した気分になりました笑

 

新築に引っ越すと、とてもお金がかかるので

内装をかえることでリフレッシュしたらどうでしょう。

 

・改造し放題

もちろん、このDIY収納の柱は自分で買った木材なので

いくらでも改造していいですし、穴も開け放題です。

 

賃貸じゃ、うかつに壁に穴を開けたりなんてできませんよね。

でもこの柱を立てておけばいくらでもなんでもできます。

 

 

まとめ:最強の収納はDIYで!

 

ということで今回は収納をDIYしたら、最強の収納になったという記事でした。

けっこう手軽にできたのと、材料も通販でそろったので

移動手段のない学生なんかでも、楽に作れると思いますのでやってみてはいかがでしょうか!

 

それでは!レッツ、DIY!

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA