腕に¥40,000円!とうとうApple watchを買っちゃった!! 後編

Pocket

どうも!アップルウォッチは左につける派。まさのりです。

右手の方がバスとかで支払いしやすいんだけど、なんか左につけちゃう。

さて、今回はバッテリー持ちについてご紹介します。

バッテリーフル充電から切れるまでをスクリーンショットでお見せします。

 




早速どうぞ!

1日目 夕方

早速夕方ですが、朝10時からつけていて87%です。

仕事中なので音楽をつけたり消したり、たまに時計を確認したりするくらいで使っていました。

0:08

まだまだ余裕ですね。通知はちょくちょくきていました。

2日目 朝

出勤前です。50%くらいになりましたね。

2日目 14:37

まだまだ大丈夫。

2日目 20:26

まだまだ仕事中。ウォッチにも付き合ってもらいます。30%くらいまで減ってますかね。

3日目

2:27 仕事終わり、ウォッチのバッテリーも10%台になってますね。

8:01 そろそろ充電しないとやばいですね。

 

結果 バッテリーの心配はしなくていい!!

結果として、まるまる2日は余裕で持ちましたね。

実はiPhoneと違ってディスプレイが省電力な有機ELなので

もともとそんなに消費しません。しかも僕は時計を黒ベースにしていたので

余計に消費電力が少なくて済みました。

なぜ有機ELディスプレイなら省電力なのかというと、有機ELディスプレイは黒は消灯し色がある部分だけ点灯させるというものだからです。

 

さすがにスマートウォッチですので何年も電池の交換が要らないようなものは作れないでしょうが、2日も持ては充電するタイミングくらいあります。

なので断言します!バッテリー持ちは心配しなくていいです!

欲しい方は、買っちゃっていいと思います!

数ヶ月しようしてまた変化があったら記事にしますので、チェックしてみてください。ではではー。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA