ただの性格診断じゃない!エニアグラムとは何かをとある有名ブロガーに教わってきた!

Pocket

どうも、まさのりです。   ブログの移行に失敗して、全記事の画像がなくなっちゃいまして こんなみすぼらしい状態です。すみません笑   最近、ブロガー界隈でよく聞く「エニアグラム」

まさのり
なんか流行ってんだなー
程度にしかとらえていなかった僕ですが、とあるツイートがきっかけで ちょっと調べてみようかとやる気になりました。    

  こんなツイートをしたところ・・・    

  有名なブロガーの、なっちゃん(@sera_natsu)からこんなリプが!!!!   まさか教えてもらえることになるとは思ってもみませんでした。 福岡ブロガーの溜まり場 仕事場であるスタートアップカフェで教えてもらうことに。  

まず、エニアグラムってなんなんだ。

  もともとエニアグラムというのはこういう図形自体のことを言うらしいです。   ただ、今回の話に出てくるエニアグラムは この図形に9パターンの性格を当てはめ、相関関係をわかりやすくしたもののことです。   そのほかにも、「ストレングスファインダー」や「ウェルスダイナミクス」というものもあり   正直、教わるまでは、ぜんぶ同じような性格診断だと思っていました_(:3 」∠)_      

それぞれの診断、どう違うのか

 

  • エニアグラム = 自分自身の本質、性格
  • ストレングスファインダー = 自分の強み、武器、トランプの手札のようなもの
  • ウェルスダイナミクス = それらが仕事でどう生かされるのかもわかる診断

  ということでした。 どれも同じ自分自信のことを、違う視点から分析しているので 結果としては同じようなことをいわれるらしいです。   今回、エニアグラムとスレングスファインダーをやってみました。    

エニアグラムやってみた

  90個ぐらいの質問に答えていくと、こんな感じの結果が。     自分は性格タイプの2、3、6番が☆9個でした。   その後、過去のエピソードなんかと照らし合わせてみると どうやら、2番よりの3番っぽいぞということに。   つまり山口将典の性格は「献身家よりの達成者」という性格のパターンらしい。   どんな性格なんや・・・。   エニアグラムでわかる自分の性格などは、実は6歳の頃までに確定されているそうです。 なので6歳までの体験や親の対応で実はエニアグラムの9つの性格パターンのどれになるかは変わっちゃうんですって。   この話を聞いた僕としては、自分の子育てに活かして行こうと思いましたね。     まぁ、まだ早いですけど。    

ストレングスファインダーは自分の手札。

  ストレングスファインダーでは、34種類ある才能、強みのうち どれが自分にもっとも強く備わっているのかを教えてくれる診断です。   ちなみに、有料です。自分の強みTop5を教えてもらうのには大体、2000円くらいの アクセスコードが必要。   買う方法としては

  • 公式サイトで購入
  • スマホのアプリ
  • コードが付属する書籍を買う

という3つの方法があるそうです。   自分がどんな強みを持っているのか、いわば自分の装備を把握していない状態でバトルはできませんので 僕はこちらの書籍に付属しているアクセスコードで診断してみました。  

    山口将典のストレングスファインダーTop5

  1. 共感性
  2. 達成欲
  3. 規律性
  4. ポジティブ
  5. 目標志向

  強みの詳しい説明も書いてありましたが、自分の場合を要約すると 「聞き上手ポジティブまじめ野郎」ということです。   すみません、めっちゃ適当に要約しました。 正直、僕の強みを知ってもらってもどうなんだという気もするので 興味があったら試して見て、自分で自分の強みを確認しましょう!笑   ウェルスダイナミクスは少しお高いので僕はまだ手を出していません。 そのうちやったら記事にしてみようかと。  

自己分析はなぜ必要なのか

  僕がふと自己分析をやってみようと思い立ったのも、 自分が何をやりたいのか?自分に向いていることは?とかとか色々悩んでいるからです。   クオーターライフクライシスと言って、20代の頃にはみんな悩むようになるらしいですが 20代を悩んで生きて、そのまま悩みを飲み込んでなぁなぁに年をとるのもなんか違うと思ったので だからまずは、山口将典に何ができるのか、山口将典はどんなやつなのかを理解する必要がある。   そこで、自己分析をしたくなったわけです。   結果、自分にはどんなことができそうか、どんなところが強みで、弱点なのかとかとか いろいろとわかりました。   漠然とした不安を抱えている人は、まずは自分を知るところから始めてみてはどうかなと思います。   詳しく知りたい人は、自己分析について詳しく紹介しているメディアがありますので みてみてください。  

      なっちゃん、今日はありがとうございました!  

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA